横浜・神奈川バイオビジネス・ネットワークは、バイオ産業推進のための支援事業とネットワークの強化をおこなっていきます。

横浜・神奈川バイオビジネス・ネットワーク

事業内容

■創薬・医療関連研究開発推進

横浜・神奈川地域の大学や公的研究機関、中小企業などがもつ創薬・医療関連の有望なシーズ・技術をヒアリング等を通して掘り起こします。
それらについて、研究会の立上げや公的資金を活用した産学連携による共同研究開発のプロジェクト化とそのステアリングを支援し、ビジネスとサイエンス両面からの助言を行うことで、研究開発とそれに引き続く実用化を目指します。

■マッチング

神奈川県からの委託「ライフサイエンス分野振興事業」のもと、県内のバイオベンチャーの技術・ビジネス戦略の発表の場として「バイオビジネス・パートナリング」を開催し販路拡大を支援します。さらに、県内のアカデミックシーズの発表の場として「バイオビジネス・スタートアップ」を開催し、特にベンチャー企業を中心とした企業との連携による応用研究のきっかけづくりを行います。

■BVA(Bio Venture Alliance)

会員企業の連携によって競争力の基盤となる技術力を磨くことで革新的な商品・サービスの創出を目指すバイオベンチャーアライアンス(BVA)において、情報提供、企業間連携のコーディネーション、大手企業へのアプローチなど、事務局として活動し、会員企業の主体的活動を支援します。

■出展支援・広報

神奈川県、川崎市、横浜市との協働でバイオジャパンに神奈川パビリオンを設け、神奈川県内に立地する中小企業の出展を支援します。産業活性化に係る各種情報は、横浜・神奈川バイオビジネスネットワークを通して会員に広報します。

■クラスター間連携

他地域・クラスターとの産学連携・産産連携等の企画や情報交換を行い、横浜・神奈川地域のバイオ産業の活性化を目指します。

事業内容