素材の違いを知ってベストなサングラスを選ぶ!フレームとレンズ、各素材の特徴



メタルフレームとプラスチックフレームの特徴

サングラスを選ぶ基準はいろいろありますが、フレームの素材やレンズの素材についても注目しておきましょう。サングラスを選ぶ際は見た目のデザインを重視したいという人もいます。しかし、サングラスのフレームの素材によって第一印象がぐんと変わったり、レンズの素材により機能性が違うため、使い勝手にも影響します。サングラスのフレームの素材の中にメタルフレームがあります。チタンやニッケル合金、金やプラチナなどの金属を主にした素材になります。特徴は弾力性が強く、顔になじみやすいのでフィット感が良いところです。クラシックなスタイルのお洒落な雰囲気が印象的なフレームが多い素材です。

そして、プラスチックフレームの素材もあります。セルロイドとアセテートの素材が使われています。軽量で衝撃に強いという特徴があります。デザインやカラーバリエーションが豊富で、自分の個性に合わせたスタイルのフレームを楽しむことができます。

プラスチックレンズとガラスレンズの素材の特徴

サングラスのレンズでよく使われている素材は、プラスチックレンズとガラスレンズです。プラスチックレンズは、軽い素材で割れにくいという特徴があります。レンズのカラーや加工のバリエーションが豊富なところが魅力の1つです。プラスチック素材のレンズは値段がリーズナブルな価格のものが多いですが、熱に弱いことやキズがつきやすいというマイナス面もあります。ガラスレンズの素材の特徴は、熱に強くて耐久性があるところです。透明感があって上質感があるところがプラスポイントとなります。ガラス素材なのでプラスチックレンズよりも重たくて割れやすいという難点もあります。

ブルー系のレンズカラーを用いたサングラスは、赤色や黄色の光の強さを和らげる効果を発揮します。そのため、車のヘッドライトが眩しいと感じた状況で使うと効果的です。